花咲ガニは茶色から赤色に変わる

まだ水揚間もないうちは茶色でも、茹でてしまうと真っ赤になり咲き誇る花みたいに違う色になるのが理由で花咲ガニと呼ばれていると言う話があります。

 

獲れたての思わずうなるほどの花咲ガニを楽しむなら花咲半島、根室産、ここで取れたものは間違いありません。ぼんやりしてたらなくなってしまうので、完売前に購入予定を立ててしまいましょう。

 

カニの王者タラバガニを水揚している地域は何と言っても北海道という事なのです。なのですから、獲れたてのタラバガニは、すぐに産地・北海道からそのまま配達の通信販売限定でお取寄せするべきだと明言します。

 

最高級のタラバガニにも引けをとらない食べ応えと、タラバガニ以上のコク深い舌の感覚を得たい方に一番後悔させないのが、あの根室からの希少な花咲ガニです!

 

カニ全体では小さ目のタイプで、身の状態もわずかに少ない毛ガニなんですが、身は甘くしっくりくる味で、カニみそも豊かな味わいがあり「カニ好き」が評価していると思います。

 

日本国内で流通する主なタラバガニはロシア原産を支持しているため、おおかたオホーツク海などに居住しており、海産物が集まっている稚内港に陸揚げされ、そこを拠点として所々へ送られて行くというのが通例です。

 

もしできれば有名ブランドのカニを堪能してみたいと決めている方やおいしいカニをイヤと言うほど味わいたい!そういう方なら、通信販売のお取り寄せが一押しです。

 

一回でも花咲ガニというカニを口にしたら、蟹の中で一番のコクがあるその味わいにはまってしまうことでしょう。大好きな食べ物が新たにできるのですね。

 

どちらかと言うと殻は硬いと言うものではなく、扱いやすいということも喜ばしいポイント。鮮度の良いワタリガニを買い取った場合は、何とかゆで蟹にしたり蒸し蟹にしたりして口に運んでみましょう。

 

別名「がざみ」と呼ばれている格別なワタリガニは優秀な泳ぎ手で、状況次第で持ち場を移動するとのことです。水温が低下し甲羅が頑丈となり、身の詰まっている晩秋から春がピークだと言われます。

 

冬と聞けばカニが恋しくなる時期となりますが、山陰沿岸で陸揚げされる松葉ガニに負けない美味しさが瀬戸内海産の美味なワタリガニです。正式名はガザミとされていて、今となっては瀬戸内で著名なカニとされているのです。

 

美味しい毛ガニのカニ味噌は、あとを引く味わいの絶品と断言できます。甲羅を火であぶって、そこに日本酒を入れてその匂いを拡張させながら、毛ガニの味噌と身を合わせて召し上がるのもおすすめです。

 

漁量の少ない花咲ガニは、取引される市場でも高額の金額で取引されます。通販では安く買えると言い難い売価なのですが、少なからず安く買うことができる販売店も存在します。

 

花咲ガニですが、水揚が短期のみで(初夏から晩夏)、あえていうなら獲れる旬でしか味わえない希少価値があるため、食べる機会が今まで一度もなかった、そういう方も多いことでしょう。

 

食してみると格段に独特の味のワタリガニの最盛期は水温が低落してしまう11月から5月頃までだということです。この間のメスは特別に旨いのでお届け物としてしばしば宅配されています。